1. HOME
  2. 知る・楽しむ
  3. コーヒー百科
  4. コーヒーの歴史

コーヒーの歴史

  INDEX

コーヒーの歴史

コーヒーの発見から歴史を語る上で欠かせない
近年までの主な出来事を、年表の形式で紹介します。

【コーヒー年表】

アフリカ大陸で発見されてから後、コーヒーはその価値が認められると様々な人々の手によって、栽培範囲も飲用文化も世界各地へと広がっていきました。

  • 1258年頃 コーヒー期限伝説
  • 1641年 オランダ商館が出島に
  • 1683年 ウィーンのカフェ
  • 1723年 大航海の果てに
  • 1727年 花束の中に・・
  • 1732年 バッハのコーヒーカンタータ
  • 1773年 ボストン茶会事件
  • 1826年 シーボルトによって
    • 世界のコーヒー史
    • のコーヒー史
    世界のコーヒー史
    • コーヒーの歴史的事項

    •  
    • 主な歴史的事項

    日本のコーヒー史
    • コーヒーの歴史的事項

    •  
    • 主な歴史的事項

    〜 10世紀 〜

    〜 13世紀 〜

    〜 14世紀 〜

     
     
     
     
     
     
    《1333年》
    鎌倉幕府滅亡
    《1338年》
    室町幕府

    〜 15世紀 〜

    《1454年頃》
    アデンの聖者シーク・ゲマレディンがアビシニアへ旅した際にコーヒーの効能を知る。アラビアでコーヒー飲用が認められる
    《1470年》
    アフリカのアビシニア高原から南アラビアのイエメン地方にコーヒーの木が移植された
    《1470-1500年》
    コーヒー飲用がメッカとメディナに広まる
     
    《1492年》
    コロンブスがアメリカ大陸を発見
     
     
     
    《1467年》
    応仁の乱
    戦国時代開始
    《1489年》
    銀閣寺造営

    〜 16世紀 〜

    《1505年頃》
    アラブ人がセイロンにコーヒーの木を伝える
    《1517年》
    トルコのセリム1世がエジプト征服後、コーヒーをコンスタンティノープルに伝える
    《1554年》
    トルコのコンスタンティノープルに世界最初のコーヒーハウスが開店
    《1587年》
    シーク・アブダル・カディールが「コーヒー由来書」を著し、コーヒーの正しい由来と健全な飲み物であることを説いた
    《1592年》
    コーヒーの木と飲み物のコーヒーについての解説が初めて印刷物に登場。プロスペロ・アルピーニ著「エジプトの植物」
    《1598年》
    コーヒーという言葉が、パルダヌス著「リンスクーテンの旅」で、chaoua(チャオウア)と、初めて英語で記される
     
    《1519年》
    マゼラン、世界一周へ出発
    《1543年》
    コペルニクスが「地動説」を発表
     
     
     
    《1543年》
    鉄砲伝来
    《1549年》
    フランシスコ・ザビエル来航(キリスト教伝来)
    《1570年》
    ポルトガル船初交易
    《1573年》
    室町幕府滅亡
    《1590年》
    豊臣秀吉天下統一
    《1592年》
    文禄の役
    《1597年》
    慶長の役

    〜 17世紀 〜

    《1601年》
    コーヒーという言葉が、W・パーリーの「シャーリー旅行記」で、coffe(コッフェ)と現代英語に近い形で登場
    《1607年》
    キャプテン・ジョン・スミスによりアメリカにコーヒーが伝えられる
    《1615年》
    コーヒーがベネチアに伝わる
    《1616年》
    ピエター・ファン・ブロークがモカから初めてコーヒーをオランダに運ぶ
    《1625年》
    コーヒーに甘味をつけるための砂糖が初めてカイロで使われる
    《1640年》
    オランダの貿易商ヴルフバインがヨーロッパに初めてコーヒーを輸入、アムステルダムで売り出す
    《1644年》
    コーヒーがフランスのマルセイユにP・ド・ラ・ロークによって伝わる
    《1645年》
    ベネチアで最初のコーヒーハウスが開店
    《1650年》
    イギリス最初のコーヒーハウスがオックスフォードに開店
    《1650年》
    コーヒーがウィーンに伝わる
    《1652年》
    ロンドンで最初のコーヒーハウスが開店。パスカ・ロゼーの店
    《1657年》
    コーヒー最初の新聞広告がロンドンの「パブリック・アドバイザー」に登場
    《1658年》
    オランダ人がセイロンでコーヒーの栽培を開始
    《1660年頃》
    フランス最初のコーヒー商業輸入がエジプト~マルセイユ間で行われる
    《1660年頃》
    中国駐在オランダ人大使ニューホッフが、茶にミルクを入れる風習を見習い、コーヒーに初めてミルクを入れる
    《1663年頃》
    イギリスではコーヒーハウスはすべて営業免許が必要になる
    《1663年頃》
    モカ・コーヒーの定期的な輸入がアムステルダムで始まる
    《1668年》
    アメリカでコーヒーに関する最初の記述
    《1669年》
    フランスの上流社会にコーヒーが伝わる
    《1670年頃》
    ドイツにコーヒーが伝わる
    《1683年》
    コルシツキーがウィーン初のコーヒーハウスを開店
    《1689年》
    パリに最初の純フランス風カフェ「カフェ・ド・プロコープ」が開店
    《1695年》
    ババ・ブーダンがコーヒーをメッカからインドへ持ち帰る
    《1696年頃》
    インド南部のマラバルから、初めてジャワ島にコーヒーの苗木が運ばれる。しかし、洪水によって壊滅
    《1697年》
    ボストンで歴史に深いかかわりを持つコーヒーハウス「グリーンドラゴン」が営業開始
    《1699年》
    ジャワへ二度目のコーヒーの苗木を運び栽培に成功。オランダ領インド諸島のすべてのアラビカ種コーヒーノキの先祖となる
     
    《1600年》
    イギリスが東インド会社をつくる
    《1618年》
    三十年戦争
    《1649年》
    清教徒革命
    《1655年》
    ベルリンで初の新聞発刊
    《1687年》
    ニュートン「万有引力の法則」を確立
    《1688年》
    イギリス名誉革命
     
     
    《1600年》
    関ヶ原の戦い
    《1603年》
    江戸幕府開く
    《1637年》
    島原の乱
    《1639年》
    鎖国令をしく
    《1641年》
    オランダ人を長崎出島に移す
    《1657年》
    江戸明暦の大火
    《1688年》
    元禄時代始まる

    〜 18世紀 〜

     
    《1700年》
    北方戦争始まる
    《1732年》
    アメリカに13州の植民地ができる
    《1756年》
    英仏七年戦争始まる
    《1769年》
    イギリス産業革命始まる
    《1776年》
    アメリカ独立宣言
    《1789年》
    フランス革命
     
    《1782年》
    蘭学者志筑忠雄の訳書「萬国管窺」が出る。わが国初のコーヒーに関する文献とみられる
    《1783年》
    蘭学者林蘭梯「紅毛本草」にコーヒーの紹介記事発表
    《1795年》
    「長崎見聞録」(広川著)に「かうひい」のひらがな文字がみえ、効能も書き添えられた
     
    《1716年》
    「解体新書」できる
    《1774年》
    島原の乱
    《1783年》
    天明の大飢饉
    《1787年》
    寛政の改革

    〜 19世紀 〜

    《1800年頃》
    ド・ベロワによりフランス独自のドリップ式のコーヒーポットが登場
    《1819年頃》
    ローランがポンプ式パーコレーター(エスプレッソの原型)でフランス特許を取得
    《1840年頃》
    イギリスで蒸留と濾過でコーヒーをたてるサイフォンが発明される
    《1898年頃》
    アフリカのコンゴでカネフォラ種ロブスタが発見される。
    《1899年》
    日本人化学者、加藤サルトリ博士が、インスタントコーヒーを発明
     
    《1804年》
    ナポレオンが皇帝になる
    《1840年》
    アヘン戦争
    《1859年》
    ダーウィンの「種の起源」出る
    《1861年》
    南北戦争
    《1893年》
    エジソン活動写真発明
    《1896年》
    第一回近代オリンピック開催(アテネ)
     
    《1804年》
    大田蜀山人、日本人初のコーヒー飲用体験を残す
    《1826年》
    シーボルト、日本にコーヒー飲用の効能を解説
    《1856年》
    商品としてのコーヒーが初めてオランダより入荷
    《1858年》
    正式なコーヒー輸入が開始される
    《1866年》
    わが国で初めてコーヒーを含めた輸入関税がきまる
    《1878年》
    コーヒーの木を小笠原に試植
    《1888年》
    上野黒門町に「可否茶館」開店
     
    《1808年》
    間宮林蔵、樺太探険
    《1823年》
    シーボルトが長崎へ来住
    《1837年》
    大塩の乱
    《1841年》
    天保の改革
    《1853年》
    ペリー浦賀来航
    《1854年》
    日米和親条約
    《1858年》
    安政の大獄 日米修好通商条約調印
    《1867年》
    大政奉還
    《1868年》
    明治維新
    《1871年》
    廃藩置県

    〜 20世紀 〜

    《1907年頃》
    インスタントコーヒーがアメリカで軍事用品として製造され、第二次世界大戦後、一般に消費されるようになった
    《1931年頃》
    アフリカ象牙海岸(コートジボワール)でコーヒー栽培が始まる
    《1962年頃》
    第一次国際コーヒー協定(ICA)成立、以降68年、76年、83年と第4次協定まで更改継続される
    《1963年頃》
    国際コーヒー機関(ICO)設立
    《1976年頃》
    国際コーヒー機関加盟国における輸出総量が価格安定のため割当制となる
    《1985年頃》
    ブラジル大かんばつ
    《1989年頃》
    輸出割番当制度が停止
     
    《1914年》
    パナマ運河開通
    第一次世界大戦
    《1929年》
    世界経済恐慌
    《1939年》
    第二次世界大戦
    《1945年》
    国際連合成立
    《1950年》
    朝鮮動乱
    《1957年》
    ソ連、人工衛星打ち上げ
    《1960年》
    アフリカで17ヵ国が独立
    《1966年》
    米・ソ月面軟着陸に成功
    《1975年》
    ベトナム戦争終結
    《1980年》
    イラン・イラク戦争
    《1989年》
    ベルリンの壁崩壊
     
    《1914年》
    平和博覧会(上野公園)でブラジルコーヒーの宣伝を行い、好評を博す
    《1933年》
    神戸にて上島忠雄商店(現UCC)が創業
    《1934年》
    コロンビアコーヒーの輸入開始
    《1937年》
    戦前のコーヒー輸入量がピークとなり、「黄金時代」を形成
    《1938年》
    コーヒーの輸入制限始まる
    《1944年》
    コーヒーの輸入量ゼロとなり、「コーヒー暗黒時代」到来
    《1950年》
    コーヒーの輸入再開される
    《1960年》
    コーヒーの生豆、全面的に自由化
    《1961年》
    インスタントコーヒー全面的に自由化となる
    《1969年》
    世界で初めてのミルク入り缶コーヒーが誕生
    《1980年》
    (社)全日本コーヒー協会設立
    《1986年》
    前年のブラジルかんばつでコーヒー相場急騰
    《1987年》
    前年のブラジルかんばつでコーヒー相場急騰
     
    《1904年》
    日露戦争
    《1914年》
    第一次世界大戦
    《1923年》
    関東大震災
    《1925年》
    ラジオ放送開始
    《1927年》
    金融恐慌
    《1931年》
    満州事変
    《1941年》
    太平洋戦争
    《1945年》
    終戦
    《1946年》
    日本国憲法発布
    《1953年》
    テレビ放送開始
    《1956年》
    国連加盟
    《1964年》
    東京オリンピック
    《1972年》
    沖縄復帰
    《1973年》
    第一次石油危機
    《1976年》
    ロッキード事件
    《1979年》
    第二次石油危機
    《1995年》
    阪神・淡路大震災

    〜 21世紀 〜

    《2000年》
    SCAEモンテカルロ大会で第1回世界バリスタ選手権(WBC)開催
    《2015年》
    国際コーヒー機関(ICO)が10月1日を「国際コーヒーの日」に制定
     
    《2008年》
    リーマン・ショック
     
    《2003年》
    日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)設立
    《2007年》
    世界バリスタ選手権(WBC)を東京で開催
    《2015年》
    日本政府が国際コーヒー機関(ICO)に再加盟
     
    《2001年》
    米国同時多発テロ事件
    《2004年》
    スマトラ沖地震津波被害



    参考資料:
    「ALL ABOUT COFFEE」 ウィリアム・H・ユーカーズ TBSブリタニカ
    「珈琲寳殿」 UCCコーヒー博物館
    「コーヒー読本 第2版」 UCC上島珈琲株式会社